川端運輸 JAPHICマーク取得、外部審査でステップアップ

【ISO39001】

 

 川端運輸(奈良県大和郡山市)は今年9月、個人情報について適切な保護措置を講じる体制を整備し、運用している事業者を認定する制度であるJAPHIC(ジャフィック)マークを取得した。


 「これから個人情報保護はますます厳しくなり、また、当社は機密書類を溶解処理する会社との取引もあり、引っ越し事業も手掛けている。様々な意味を込めて取得を決意した」と経緯を話す川端章代社長。「会社の仕組みとして運用することで、色んなものがきちっと動き出す。さらなる発展に結び付けたい」と決意を表す。


 同社はすでに、道路交通安全マネジメントシステムであるISO39001を取得しており、かねて社内のルールづくりや安全に対して積極的に取り組んできた。「ISOは取って本当に良かったと感じている。会議や話し合いの場など、社員から積極的に意見が出るようになった。少しずつ変わっていくうちに、会社の中が整い、プロ意識も高くなってくる」と川端社長。「ジャフィックもISOも、事務作業に手間がかかるが、決してムダとは思わない。結果につながる。実際に事故も減っている。マイナス面よりプラス面のほうがはるかに大きい」と言い切る。


 「社内を統制していくには、実践し続けることが大切。そうでないと意味がない。ISOでは年に1回、外部審査を受けるが、それがステップアップにつながる。社内だけの取り組みでは、つい日常業務に追われて挫折してしまうかも知れない」と語り、ジャフィックの取得でさらなる品質向上につなげていきたいと意気込む。


◎関連リンク→ 川端運輸株式会社

 

最新ニュース

 
MapOver1 MapOver1 MapOver2 MapOver3 MapOver4 MapOver5 MapOver5 MapOver5 MapOver5

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア