川端運輸 JAPHICマーク取得、外部審査でステップアップ

 川端運輸(奈良県大和郡山市)は今年9月、個人情報について適切な保護措置を講じる体制を整備し、運用している事業者を認定する制度であるJAPHIC(ジャフィック)マークを取得した。


 「これから個人情報保護はますます厳しくなり、また、当社は機密書類を溶解処理する会社との取引もあり、引っ越し事業も手掛けている。様々な意味を込めて取得を決意した」と経緯を話す川端章代社長。「会社の仕組みとして運用することで、色んなものがきちっと動き出す。さらなる発展に結び付けたい」と決意を表す。


 同社はすでに、道路交通安全マネジメントシステムであるISO39001を取得しており、かねて社内のルールづくりや安全に対して積極的に取り組んできた。「ISOは取って本当に良かったと感じている。会議や話し合いの場など、社員から積極的に意見が出るようになった。少しずつ変わっていくうちに、会社の中が整い、プロ意識も高くなってくる」と川端社長。「ジャフィックもISOも、事務作業に手間がかかるが、決してムダとは思わない。結果につながる。実際に事故も減っている。マイナス面よりプラス面のほうがはるかに大きい」と言い切る。

”川端運輸 JAPHICマーク取得、外部審査でステップアップ”の続きを読む
 
【ISO39001】

2017年11月 6日

 

太伸興業 ISO39001認証取得

 3年前から交通事故防止・環境対策などに取り組み、Gマークやグリーン経営承認を取得。安全で環境に優しい企業を目指す太伸興業(半田智宏社長、大阪府和泉市)は昨年12月末にISО39001(道路交通安全マネジメント)の認証を、本社ならびに北港営業所(大阪市此花区)と太興商事(大阪府和泉市)で取得した。


 同社グループでは現在、ドライバー75人、車両台数シャシーなどを含めて100台以上を保有。太伸興業ではドライアイスの製造販売も行うなど、運輸だけでなく製造業、整備会社なども手掛け、事業拡大を図っている。


 今回のISО39001認証取得について半田社長は、「Gマーク・グリーン経営の認証取得に取り組む中で、運送事業者にとって荷主の信頼を得られるのは何かと考えた。交通事故がなく、安全に確実に、コンプライアンスを徹底した運送会社こそが高い信頼・評価が得られるということにたどり着いた」と説明。

”太伸興業 ISO39001認証取得”の続きを読む
 
【ISO39001】

2016年1月25日

 

田方自動車学校 ISO29990認証、自動車学校では初

 【静岡】田方自動車学校(小林淳一郎社長、田方郡)は沼津リバーサイドホテルで10月12日、自動車学校として全国で初のISO29990(職業訓練事業の品質保証基準)の認証式典及び物流人材育成シンポジウムを開催。国内の指定自動車教習所では初の認証ということで、多くのマスコミと物流事業者が会場を訪れた。


 同校では、物流業の人材不足が深刻化する中で、いち早く運転免許教育の重要性を認識。陸上輸送に必要とされる運転技術、安定した貨物輸送、荷役技術の教育は、教育機関としての自動車教習所が従来の業務の垣根を越えて担うべきとの社会的使命としてきた。


 そこで、これまで展開してきた大型、中型、準中型のトラック免許、大型特殊の建機運転免許、牽引のトレーラ免許などの運転免許に加え、平成23年に県労働局登録教習機関として開始した「T.D.S.テクニカルセンター(建設・産業機械などの資格取得専門学校)」で展開しているフォークリフト、玉掛け、小型移動式クレーン、床上操作式クレーン、高所作業車、車両系建設機械(整地・運搬など)の各技能講習を充実させてきた。

”田方自動車学校 ISO29990認証、自動車学校では初”の続きを読む
 
【ISO39001】

2017年10月23日

 

NASVA 運輸安全マネジメントセミナー「官民連携し事故撲滅へ」

 自動車事故対策機構(NASVA、濱隆司理事長)は10月24日、東京国際フォーラムで第12回「NASVA安全マネジメントセミナー」を開催した。


 濱理事長は主催者あいさつで「ナスバでは安心安全な事業運営を目指し、運輸安全マネジメント(安マネ)に取り組んでいる方には、復習を含めた継続的なレベルアップを、これから取り組む方には〝気付き〟を提供する安マネの主旨や実施方法、実践的で具体的な事例や情報を提供し、安マネ体制の構築・維持・改善のお手伝いをしてきた」と述べ、安マネ事業のコンサルや強化会社数、セミナー開催数を報告した。


 国交省自動車局の奥田哲也局長は「このセミナーは、安マネや安全運行の優れた取り組みを共有していただく貴重な機会。ぜひ活用してほしい」と話し、「今年策定した『事業用自動車総合安全プラン2020』では先進安全自動車、スクリーニング検査も盛り込み、利用者を含めた関係者の連携強化で安全トライアングルを構築するなど新しい施策も入れた。〝運転の基本〟を徹底指導し、官民連携して事故をなくしていきたい」とあいさつした。

”NASVA 運輸安全マネジメントセミナー「官民連携し事故撲滅へ」”の続きを読む
 
 

山田運送 採用PRビデオ公開、知ってもらうきっかけに

 SNSの登場などで企業の発信方法も多様化する中、社内の雰囲気を伝えるのに効果的なのが、動画を使ったWebコンテンツだ。企業だけでなく行政機関の採用でも、イメージしづらい業務を動画で紹介することで、求職者を惹き付ける工夫が仕掛けられている。運送業でも、PRビデオを動画サイトにアップするなどして、認知度を上げる取り組みが少しずつ広まっている。


 滋賀県大津市の山田運送(山田英樹社長)では採用PRビデオを完成させ、ホームページ上で公開した。動画の中で流れている社歌は山田社長が自ら作詞したもので、ISO39001の認証取得や安全の取り組みなどが、約5分の動画にまとめられている。山田社長は「初めての取り組みだったが、周りの反応も上々。チラシよりも映像は印象に残りやすいので、特に若い世代に見てもらいたい。スローガンの『安心と安全を乗せて夢をつなぎます』をともに実現してくれる方と出会いたい」と話す。


 製作期間は約3か月。出演しているのは全員社員で、「あえてプロの方に依頼するのではなく、会社のありのままの様子が伝わればと思った」。文章を書くことが好きな山田社長自身が社歌の作詞を担当。耳に残っていたという家電量販店のCMソングを参考に、キャッチーなメロディーがつけられた。動画は「未来へと夢をつなぐ」と名づけられ、テンポ良い映像が完成した。

”山田運送 採用PRビデオ公開、知ってもらうきっかけに”の続きを読む
 
【安全運行支援】

2017年11月13日

 
 

最新ニュース

MapOver1 MapOver1 MapOver2 MapOver3 MapOver4 MapOver5 MapOver5 MapOver5 MapOver5

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア